Fandom


Threshold
スレッショルド
天体の概要
名称

スレッショルド

位置

ソエル星系,ソエル

衛星

ベーシス

衛星(人工)
  • 第4施設
 Deep-Space Anomaly 0198
大気

Ammonia, Ammonium Hydrosulfide, Phosphorus compounds, other gases

  [Source]

スレッショルドはソエル星系にある惑星である。半径107,302 km(66,674.5 miles)の巨大ガス惑星だ。天然衛星である ベーシスは半径11,924 km。大気は白いアンモニアの雲,琥珀色のアンモニウム水硫化物の雲,リン化合物,氷の結晶,その他ガスなどで構成されている。スレッショルドは大気圏内で嵐が発生することが知られている。これは木星で発生する嵐と似ている。ガス採掘所の戦い当時から巨大な嵐は存在している。スレッショルドは中立惑星である。

スレッショルドの地球の観測カタログ番号はB1008-AGだ。

フォアランナーの行動編集

10万年以上前,スレッショルドは広大で巨大なフォアランナー帝国の一部だった。フォアランナーは惑星の大気圏上層部に,自動で実行可能なガス採掘所を作った。その採掘所は,惑星の水素ガスを取り入れていると思われる。取り入れた水素を,建設のための物質に変質させて使われたと思われるが,詳しくはわかっていない。

数百か数千年が経った後,フラッド の発見時に,フォアランナーはガス採掘所を,フラッド研究施設へと改修した。その施設で一つのことがわかった。それはフラッドと戦い,拡散を防ぐには,強硬手段も止む終えないということであった。フォアランナーは巨大な世界要塞の一つを作る足場として,この惑星を選んだ。後にこれがヘイロー第4施設 として知られることになる。このヘイローはラグランジェポイント上の,スレッショルドとベーシスの間に作られた。フラッドの拡散を止め,飢餓に追い込むため,銀河系の全生命体を排除するように設計された。

2552年,コヴナントは"神聖なるリング"の場所であるこの星を発見するため,シグマ・オクタヌス4からアーティファクトを探していた。偉大なる旅立ちをはじめるために。UNSCピラーオブオータムを追って,パティキュラー・ジャスティス艦隊がそこへたどり着き,一連の出来事が起きると,第4施設は破壊された。リングが破壊された後,スレッショルドの衝突 で,コルタナ はコヴナントの旗艦アセンダント・ジャスティススリップスペースに飛び込むことに成功した。

異端者らはガス採掘所に避難(ここに来るまではベーシスに一時キャンプ を築いていた)。しかし,アービターことThel 'Vadamee と,特殊作戦部隊がガス採掘所をスレッショルドの奥底へと落とした。ハイチャリティその艦隊 は少しの間だけスレッショルドを訪れ,そこから第5施設 へとジャンプ した。

9月以降,UNSCの囚人船,UNSCモナリザ がスレッショルド上でコヴナント生存者の収監を終えた。しかし,その生存者の中にフラッドに感染していたものがいた。ONIはフラッドが脱出するまえにフラッドの研究を始めたが,UNSCレッドホース の核ミサイルにより,モナリザは粉砕する。また,そこには一隻のコヴナント艦がヘイローの残骸を監視もしくは守るために残っていたようだが,残骸は次第にスレッショルドに引き寄せられ,破壊された。

大きさ編集

スレッショルドは非常に大きなガス惑星で,太陽系 の木星よりもはるかに大きい。その月,ベーシスも,実はとても巨大な岩石惑星で,直径は地球の二倍である。

HaloPlanets
アルファヘイロー,スレッショルド,太陽系の星の大きさを比べたもの。

トリビア編集

ギャラリー編集

登場リスト編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。