Halopedia
Advertisement


{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}} {{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}{{[[テンプレート:|]]}}
UNSC IROQUOIS.jpg
UNSC イロコイ
Production information
Production information
Class

駆逐艦

Class

駆逐艦

Manufacturer

UNSC

Manufacturer

UNSC

Technical specifications
Technical specifications
Length

485メートル

Length

485メートル

Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Slipspace velocity

2.1光年/日

Slipspace velocity

2.1光年/日

Power plant

核融合炉

Power plant

核融合炉

Shielding

無し

Shielding

無し

Hull

2mのチタニウムA戦闘用装甲

Hull

2mのチタニウムA戦闘用装甲

Countermeasures

緊急用スラスター(6基)

Countermeasures

緊急用スラスター(6基)

Armament
Armament
Complement

ペリカン降下艇

Complement

ペリカン降下艇

Usage
Usage
Earliest sighting

2552年

Earliest sighting

2552年

Destroyed

2552年

Destroyed

2552年

Latest sighting

2552年

Latest sighting

2552年

Present for battles/events

シグマ オクタヌスIVの戦い

Present for battles/events

シグマ オクタヌスIVの戦い

Affiliation

UNSC海軍

Affiliation

UNSC海軍

Known crewmembers

ヒカワ中尉,ジャガー中尉

Known crewmembers

ヒカワ中尉,ジャガー中尉

Known commander(s)

ジェイコブキース中佐(階級は当時)

Known commander(s)

ジェイコブキース中佐(階級は当時)

  [Source]

UNSC イロコイUNSC海軍駆逐艦である。この艦は2552年4月頃に建造された、比較的新しい戦闘艦だ。ドッグから出港して3ヶ月後の、2552年7月17日に、Sigma Octanus IVコヴナント襲撃に対応するために出動、1隻で奮闘した。この戦闘は7月18日まで続いた。

性能[]

艦は、2基のMACガンと26基の特大のアーチャーミサイルポッド、3つのシバ核弾頭ミサイルで武装していた。装甲には2メートルのチタニウムAとバナジウム鋼合金が使われている。

歴史[]

艦長は、ジェイコヴ・キース中佐である。彼はシグマ・オクタヌスIV周囲にて航行中、シグマ・オクタヌスIVにてコヴナントによる襲撃が始まった。偶然居合わせたイロコイは、4隻のコヴナント戦闘艦部隊:1隻の空母、1隻の駆逐艦と2隻のフリゲート相手に交戦する。キースのこの時の善戦ぶりは後に"キース・ループ"と言われるほど素晴らしいものだった。艦から発射された核ミサイルによって空母の護衛艦3隻は轟沈したのであった。この戦闘中に、艦に2発のプラズマ魚雷が迫ったために回避する。が、キースが非常用動力を点火した際に損傷を受けた。だが、どうにか避けることに成功したため反撃を開始した。コヴナント駆逐艦から発射され続けるプラズマを避けるため、コヴナント駆逐艦と物理的に衝突する。この際、2mのチタニウムA装甲板が削り取られるだけの損傷ですんだと言われる。イロコイは、核兵器発射のため惑星の軌道に乗り始める。だが、コヴナント軍の行動を阻止するには至らず、空母はコートダジュールに向けて34機の降下艇を投入したのであった。

最初の交戦後、艦は大損害を被っており継続して戦闘を行える状態ではなかった。軌道上に展開していた修理ステーションに入渠し修理を行うことを計画した。だがその計画は増援のコヴナント戦闘艦隊が現れたために破棄せざるを得なかった。

戦闘の前、キースは中佐の階級に昇進していた。20隻のコヴナント艦がスリップスペースから離脱し交戦準備に入った時、再度戦闘を開始した。この時もよく善戦し敵艦隊に大ダメージを与えている。この戦闘でコヴナントにとって決定的な打撃となったのは、コヴナント軍の秘密任務に就いていたコルベット艦を撃沈したことにあった。その為に戦闘は終結した。

戦闘後コヴナントはお返しとでも言わぬばかりにイロコイの艦体にスパイ・ドローンを付着させることに成功し、UNSCはその存在に最後まで気づくことがなかった。イロコイは追尾されているとも思いもよらず、そのまま惑星リーチに帰還してしまった。その1ヵ月後にリーチが焼き払われることになろうとは、だれが予想できたであろう。

艦の運命については知られていない。恐らく、リーチの戦いで破壊された可能性が高い。

知られているクルー[]

艦 指揮官[]

艦橋クルー[]

情報源[]

  1. What those critics forgot that a UNSC Destroyer sported 2 MAC guns, 26 oversized Archer missile pods and 3 nuclear warheads. Only seven meters longer than a frigate. No single ship fighters. Almost as heavy than 2 frigates combined mass.
    --Halo: The Fall of Reach page 139

Advertisement