Fandom


HaloReach - Frigates
UNSC グラフトン
Production information
Class

パリ級フリゲート

Technical specifications
Engine unit(s)
  • 主動力 (2基)
  • 補助動力 (2基)
  • 第3動力 (4基)
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Power plant

核融合炉 (2基)

Hull

60 centimetres (2.0 ft) チタニウムA戦闘用装甲

Armament
Usage
Role(s)
  • 戦闘艦
  • 地上軍攻撃支援
  • スパイア1の破壊
Earliest sighting

2552年8月12日

Destroyed

2552年8月12日

Present for battles/events
Affiliation

UNSC海軍

Fleet
  [Source]
"地上の全部隊に告ぐ。フリゲート318が到着。MACガンによる攻撃が許可された"
—UNSC士官が周囲の全軍に対して
"フリゲート艦グラフトン、聞こえますか?"
—UNSC士官が破壊されたグラフトンに対して
"グラフトンはやられた!至急ここを脱出するぞ!!"
—ノーブル1がUNSC士官に対して

UNSC グラフトン(船体識別シンボル:FFG-318)はUNSC海軍が運用するフリゲートだ。イプシロン・エリダニー星系防衛艦隊に所属していた。

歴史編集

2552年8月12日にグラフトンはUNSC軍によるヴィエリー地区大規模攻勢作戦支援の為に呼び出され、UNSC サラトガと共にスルドック・リッジ戦線に派遣される。

ノーブル・チーム他の活躍によって最重要ターゲットの一つ、スパイア1の無力化に成功したことによってMACガンによる破壊作戦を担当した。

作戦は成功し施設は破壊できたが、直後に上空に現れたコヴナント巨大空母によって奇襲され、撃沈された。

艦体はスルドック・リッジのスパイア1設営地付近に墜落し、巨大な残骸と化してしまった。

ギャラリー編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。