Fandom



The correct title of this article is UNSC サバンナ. It appears incorrectly here because of technical restrictions.
UNSC Savannah
UNSC サバンナ
Production information
Class

パリ級重フリゲート

Technical specifications
Length

535 metres (1,760 ft)

Width

199 metres (650 ft)

Height/depth

112.3 metres (368 ft)

Engine unit(s)
  • 主動力 (2基)
  • 補助動力 (2基)
  • 第3動力 (4基)
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Power plant

核融合炉 (2基)

Hull

60 centimetres (2.0 ft) チタニウムA戦闘用装甲

Armament
Usage
Role(s)
  • 戦闘艦
Earliest sighting

2552年8月14日

Destroyed

 2552年8月14日

Present for battles/events
Affiliation

UNSC海軍

Fleet
  [Source]
"こちらUNSCサバンナ。万全ではないが、カバーする。"
—サバンナ・アクチュアルがノーブル6に向けて

UNSC サバンナは(船体識別シンボル FFG-371)UNSC海軍が保有するフリゲートで、コヴナント戦争中に就役していた。[1]サバンナ惑星リーチ戦い2552年夏に参加していた。艦長はクリストフ・ジェンであった。

この艦が確認されたのはアッパーカット作戦中である。この作戦でサバンナはセイバー戦闘機編隊と共同でコヴナント艦を攻撃した。 また同作戦でもっとも重要な要素である爆弾の製作のため、スリップスペースドライブを提供している。

しかし、強襲部隊を援護するために敵艦を側面から攻撃した(それも艦尾から武器システムが搭載された艦首方向に向けて航行していた)為にプラズマ弾を多数被弾し大破、破壊されてしまった。

雑学編集

サバンナは船体識別シンボルが確認できない。これまでのフリゲートとは違い、船体に記されていない為だ。

ギャラリー編集

情報源編集

  1. YouTube.com - Halo: Reach - Zu Besuch im Tonstudio


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。