Fandom


"何物かが接近中 船体は識別不可能です!"
本稿は完全では在りません。もし新たな情報を入手したら更新をお願いします。

UNSC Saratoga2
UNSC サラトガ
Production information
Class

パリ級フリゲート

Manufacturer

UNSC

Technical specifications
Engine unit(s)
  • 主動力 (2基)
  • 補助動力 (2基)
  • 第3動力 (4基)
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Slipspace velocity

2.1光年/日

Power plant

重水素融合炉 (2基)

Armament
Usage
Role(s)
  • 戦闘艦
  • 地上戦支援
Earliest sighting

2552年8月12日

Destroyed

2552年8月12日(推定)

Latest sighting

2552年8月12日

Present for battles/events
Fleet

イプシロン・エリダニ星系防衛艦隊

  [Source]

UNSC サラトガUNSC海軍が運航していたフリゲートであった。[1]

歴史編集

2552年8月12日にヴィエリー地区全域にて攻勢作戦が実施され、サラトガUNSC グラフトンと共にUNSC地上軍の攻撃支援のために呼び出され、地上攻撃を担当した。

両艦が攻撃を担当した、スルドック・リッジには大規模なコヴナント軍が展開しており、その中には電磁シールドタワー スパイア1を含む多数の最重要ターゲットが設営されていた。

スルドック・リッジ戦線のターゲットであったスパイア1がフリゲート艦グラフトンによって破壊され、作戦は一応軌道に乗った筈であった。

しかし、その後のコヴナント巨大空母の出現とグラフトンの轟沈によってスルドック・リッジ戦線のUNSCの軍隊は実質上壊滅状態となった。

恐らくサラトガもコヴナント巨大空母によって撃沈された可能性が高い。

関連ページ編集

Sources編集

  1. Halo: Reach フロントライン


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。