Fandom


The correct title of this article is UNSC Point of No Return. It appears incorrectly here because of technical restrictions.
UNSC ポイント オブ ノー リターン
Production information
Class

ステルス巡洋艦/電子戦艦

Technical specifications
Length

485 meters [verification needed]

Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Shielding

存在せず

Hull

何発かのパルスレーザーに耐える程度の装甲装備。

Countermeasures
  • アバラティブ バッフルズ
  • 反撃電子システム
  • ステルスコーディング
  • テスクチャー・バッファー

[1]

Passengers

20名のUNSC士官

Other systems
  • ステルスシステム
  • 断熱レイヤー
  • カウンターエレクトロニクス
Usage
Role(s)

ONI野戦司令部

Earliest sighting

2531年

Latest sighting

2552年12月31日

Affiliation

UNSC海軍, ONI

  [Source]

UNSC ポイント オブ ノー リターンUNSC Office of Naval Intelligenceに所属するステルス巡洋艦/電子戦艦である。人類では最も先進的で秘匿された艦艇であった。

背景編集

UNSC ポイント・オブ・ノー・リターンはONI第2セクションの戦時中における司令部となっていた。この船の存在は常に秘匿され、分類上も機密事項として処理されてきた。今までに乗り込んだ乗員数は非常に少なかった。それでも20人のONI関係者が乗り込んでいたと言う。彼らは最も重要なアクセス権を持つ人間であった。[1]この船のA,IはONIによって管理された。

作戦上の歴史編集

2531年にジェームス・アクソンUNSC陸軍大佐の発案の下、スパルタンII計画の参画者らの間で激しい議論が行われた。彼が発案した計画は"スパルタンIIIプロジェクト"である。[2] この艦はスパルタン051が"殺害"されたことになっているグロームブリッジ34星系にて051を救助した。[3]彼は船を見たとき、大型の駆逐艦に見えたが、角度を変えるとプローラーだと気付いたと言う。彼はこの船が大型のステルス艦であるという事を知らなかったのだ。

2537年、リッチ提督、パランゴスキーがスパルタン-051とフランクリン・メンデス 上級兵曹に会い、SPARTAN-III アルファ中隊が全滅した事を告げ、SPARTAN-III ベータ中隊の訓練を始めるよう命じた。[4]

2552年12月31日、コヴナント戦争を生き延びたこの艦ではCodename: SURGEON等が"プレストン・エレミア・コールの歴史的/心理的分析の権利に関する報告書をUNSCPoint of No Return艦内で提出された。同艦はルナ軌道上にあった。[5]

戦後、この艦艇の現在位置に関する情報は無い。

コンポーネント=編集

技術的にはプラウラーであると考えられたポイント・オブ・ノー・リターン は大きさだけで見るならばUNSC駆逐艦クラスであった。部品を構成した後、深部宇宙にて組み立てられ、ステルス・アブレーション・コーディングを施した。これによりレーダーに探知されない特性を持つ。動力を30%程度に抑えることで宇宙空間と一体化することも可能だった。又、彼らが"オーディンの目"と呼ばれる部屋があった。ここはファラディ・ケージと呼ばれる全ての電子信号を遮断するチャンバーで囲まれた部屋であった。[1]

登場又は言及された作品編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Halo: Ghosts of Onyx page 43
  2. Halo: Ghosts of Onyx pages 43-49
  3. Halo: Ghosts of Onyx page 57
  4. Halo: Ghosts of Onyx, page 79
  5. Halo: Evolutions - Essential Tales of the Halo Universe, page 487


知られているプラウラー
UNSC アテネ · UNSC アポカリプソ · UNSC アップルビー · UNSC シカンファレンス · UNSC ダスク · UNSC ラーク
UNSC ラスト グリーミング · UNSC ポイント オブ ノー リターン · UNSC レイザー エッジ · UNSC レッド ホース
UNSC トウキョウ ルール · UNSC Wink of an Eye
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。