Fandom


UNSC ミッドサマーナイト
Production information
Class

軽フリゲート

Technical specifications
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速機関

Shielding

None

Hull

60 centimetres (2.0 ft)のチタニウム-A装甲

Sensor systems

長距離

Armament
Complement
Usage
Role(s)
  • ステルス艦
  • 長距離射撃
Earliest sighting

2534年:エクタヌス45星系 チ・ルホ

Latest sighting

2534年: 18スコルピ星系 ファラクヌマ

Present for battles/events

ルーブル攻防戦

Affiliation

UNSC海軍

Known owner(s)

UNSC 海軍 プラウラー戦隊

Known crewmembers
Known commander(s)
  [Source]

UNSC ミッドサマー・ナイト (船体識別シンボル FFG-209)は国連宇宙司令部軽フリゲートである。[1] この戦闘艦は、大佐に昇進する前の2552年ジェイコヴ・キース大尉駆逐艦イロコイ号に乗艦する前に乗り込んでいた。[2]

概要編集

ミッドサマー・ナイトはステルス装備を備えていた。ONIはその能力を駆使して、特殊任務に利用していた。内乱時代には反乱軍討伐のために利用されODST部隊の強襲母艦として使われた。彼らによって反乱軍の船が拿捕された。この船はプラズマ兵器の違法取引の関与が疑われていた。

ミッドサマー・ナイトは反乱軍の船"ケストレル"に接近を試みたが失敗、反乱軍の攻撃を受けて何名かのクルーが犠牲となった。

その後、惑星ルーブルにおいて損傷しながらもグレーチームを展開させ、惑星に攻め込んでいたコヴナント軍を撃破した。戦闘後、市民の支援を受けて無事脱出した。

編集

  1. Halo: The Cole Protocol
  2. Halo: The Fall of Reach


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。