Fandom



ヴァダム家サンヘイリの一族の一つ。サンヘリオス ヴァダム州 Yermoに居住している。彼らは比較的若く、強力な一族であった。[1] 彼らのカイドンコヴナント戦争中、ゼル・ヴァダミーであった。彼はパルティキュラー・ジャスティス艦隊最高司令官として、後にアービターとして活動したサンヘイリである。ヴァダムの後に-eeを付けているが、これは名誉あることであり、この名を授かるにはサンヘイリ軍に参加する必要があったのだ。

コイダ・ヴァダムが新たなカイドン ゼル・ヴァダミー暗殺のため3名の暗殺者を送り込んだことが知られている。

地理編集

ヴァダム州はサンヘリオスのコラー山に位置する。サンヘリオスの初期調査時代に設立された。ヴァダム州から30マイルの地点に利益と富をもたらす良港が出来たことでますます発展する。農奴達が働く谷からキープしたまで建物が立ち並んだほどである。彼らの偉大なる野心がその地位を押し上げていく。ヴァダムの農奴は強く、意欲的かつ効率的だった。[2]

起源編集

ヴァダムの起源は、アービターによって語られた。クランの腐敗に反対した初代カイドンのゼア・ヴァダムがサンヘイリに捕えられ、要塞の地下牢に収監された。彼は地下を彷徨った末に脱出を果たし(実は非常に痩せていたらしいが、このことが脱出を可能としたのである)、砂漠で生活し育つ。そこで軍隊を形成するために山賊や無法者を集った。彼とその軍隊は壁を抜け要塞の敵を掃討し、取り戻す。この戦闘は熾烈であったようで、伝説では要塞の側を流れる川がサンヘイリの紫色の血で数日間染まった程であったという。

この話はサンヘイリ史の中で続けられた過酷な生活様式と名誉型社会を示したものであった。

知られている一族編集

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。