Fandom


Reach-m10 evironment

ビシェグラードの通信基地

ビシェグラード惑星リーチ ヴィエリー地区 ユトコゼット エポズ に位置した農業地帯で、その一角には通信基地があり、惑星間の通信を担当した。[1][2]

この地域では、幾人かの住民が入植し3世代にわたって生活していた。2552年7月23日前後に数名の農民の話では多くの人が大都市マナサスに移動したとのことであった。[3]


2552年7月24日に小規模なコヴナント軍が襲来し、通信基地を襲撃した。この時、UNSC陸軍部隊が調査に乗り出し、当初は反乱軍が原因ではないかとみていたようだが、彼ら調査部隊は全滅してしまった。その為ノーブル・チームが調査を引き継いだ。[2]

ギャラリー編集

ソース編集

  1. YouTube: Patrol
  2. 2.0 2.1 Halo: Reach, level Noble Actual
  3. NeoGaf: Recovered transcripts of Halo: Reach live action trailers and marketing material
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。