Fandom


テンプレート:FOF テンプレート:References

ウォーラ
Biographical information
Date of death

2552年9月

Physical description
Rank

軍曹

Species

人類

Gender

男性

Weapons

MA5B ICWS

Chronological and political information
Affiliation

UNSC 海兵 降下歩兵

  [Source]

ウォーラ軍曹下級仕官クラスの兵士でUNSC 海兵隊に所属している。彼はコヴナント戦争中に存命していたが、アルファヘイロー攻防において海兵降下歩兵部隊を指揮し、Haloにて戦死した。

伝記編集

アルファヘイロー攻防編集

ウォーラはUNSC Pillar of Autumn艦内に展開するODST部隊の一員であった。彼はアントニオ・シルバ 少佐メリッサ・マッケイ 大尉指揮下にあった。彼らはリーチの戦闘を戦ったが、敗北しオータムに退却した。そして、オータムはアルファヘイローに向けてジャンプした。

後にPillar of Autumnコヴナント海軍部隊に急襲されたとき、艦からの離脱を余儀なくされた。彼は墜落するオータムから脱出し、上手くHaloに降下することができた。

着地後、アルファベースに陣取るコヴナントを制圧する支援をし、Autumnから物資を回収する車列に合流する。

カートグラファー編集

彼はカートグラファーを強襲する部隊の一員だった。

彼らはコヴナントの激しい砲火で歓迎された。MCPO ジョン-117が単独でカートグラファーを抑え、出てきた頃には強襲に参加した多くの海兵が死傷した。[1]

ブラボー22が破壊され、エコー419はより優先度の高い任務を優先して生存者を島に置き去りにして消えた。ウォーラ達は抽出の航空機が来るのを待った。フォーハマーがチーフを輸送後に戻り、彼らを基地へ連れ帰った可能性がある。

サバイバル編集

ウォーラ曰く、彼はキース大佐を護衛するために武器保管庫から武器を持ってこなかったという。Halo: The Floodチーフがカートグラファーで得られた地点に達したときに彼らは行ってはならない場所に達そうとしていた。

戦死編集

彼がどうなったかは知られていない。もしかしたらTruth and Reconciliationの自爆に巻き込まれて死亡したかもしれない。艦内で兵士の遺体を見れたようだが、少なくとも彼はその中には居ないようだ。

登場又は言及された作品編集

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。