Fandom




"コヴナント内戦は崩壊することのなかったコヴナント同盟を崩壊に追いやった。この時代でコヴナントは完全に終焉を迎える。"
—ジタン・ジャー・ワッティンリー

Imperial Admiral Xytan 'Jar Wattinree|帝国提督 ジタン・ジャー・ワッティンリーコヴナント エリートの士官で、帝国軍元帥になっていた。彼はライトアス・プルポス混成艦隊の司令官であった。

彼は2552年11月までコヴナントに籍を置く優秀な軍人であった。だが自らが提案した件がブルートに受け入れられ、支援されたとき全てが終わった。

彼が惑星オニキスに向かった時、彼の艦隊はUNSCのノヴァ核弾頭によって壊滅した。

ブルート達はコヴナント上層部に存在するエリートを早く排除したいがために支援をしたのであった。

この惨敗後、彼はコヴナントを離脱してコヴナント反乱軍に加わった。


プロフィール編集

帝国元帥と言う非常に高い階級によって証明されているように、ジタン・ジャー・ワッティンリーは“生きた伝説”とも言える戦士だった。

彼は一度も戦闘において敗れたことがなく、彼の挑戦がどうであろうとどのような任務でも一度も失敗したことがなく、彼が決して間違ったことはなかったようだ。

彼は、その功績故に、コヴナント内部でも預言者以上に彼を信頼し支持する者が多かったようだ。

このため、預言者大祭司たちは、彼を辺境星域のパトロールを主任務とするライトアス・プルポス混成艦隊の司令官に就任させ、ハイチャリティから遠ざけた。

英雄的人物の彼が、追放を宣告されたという事実は、彼の唯一無二の汚点であるといわれています。

コヴナント内戦

彼は艦隊を指揮して、内戦で大きな役割を果たしました。

ワッティンリーは、混乱しているサンへイリの指揮を取り、コヴナント正統派に対していち早く反乱軍を組織した最初のエリートリーダーの1人でした。

ジョイアス エクスレイションで、彼らは、内戦を鎮圧し、ジラルハネイを待ち伏せて、彼らを破滅させるための攻撃を計画しました。

しかし、船長ヴォロ・マンタケリーは、フラッドを駆除することがより切迫する問題であると主張しています。

特に、よりよく学ぶ機会を少しも持っていなかった帝国元帥は大いなる旅立ちについて独自のコヴナント考え方を保持し、人類と彼らのスパルタンを一掃することを図りました。

残念なことに、彼の旗艦、サブリメ・トランスエンドレンスは、 [注1]Watinreeが、彼が生きていた爆風.[1]Hadにおいて霧化したことであったReach.から取り去られたUNSCノヴァ核弾頭(‘ジャーワッティンリーは疑いなく大分裂の残りにわたってコヴナント分離主義者のために貴重な情報源を証明したでしょう’)によって近くの艦隊のほとんど破壊されました。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。