Fandom


ゾカ 'ザマミーBattle of Installation 04に参加したエリート特殊部隊士官。[1]

伝記編集

リーチを脱出したピラー オブ オータムは、スリップスペースからInstallation 04へ到着する。付近のコブナント軍はこれを察知し、オータム破壊のため乗艦部隊を送った。Zuka 'ザマミーはこの強襲を指揮した一人だった。

グラント部隊を連れた'ザマミーはオータム内で、脱出中のJohn-117コルタナに遭遇する。彼らを止めようとしたが、マスターチーフのM6Dピストルで頭を撃たれ負傷する。また彼の部下も殺された。[2] ヤヤップGagawが率いるグラント部隊は倒れている彼を発見すると、戦闘に参加したくないがために、彼を船外へ運び医療措置を受けさせる。[1]

ヤヤップのとって不幸なことに、強襲の後'ザマミーはヤヤップを新たな部下とする。彼はヤヤップにマスターチーフを殺害する計画を語る。「戦闘集団全体に危険をもたらすほど有能な戦士」として、マスターチーフ殺害をTruth and Reconciliation上で評議員Soha 'Rolameeに訴えた。当初'Rolameeaは彼のアイデアを却下したが、 チーフと海兵隊が船を急襲、数百人の兵士を殺しJacob Keyesを救出すると計画を承認した。[3]

'ザマミーはハンターのペア とヤヤップ指揮下のグラント部隊を使い、カートグラファーのセキュリティーセンターに最初の罠を敷いた。しかしグラントのLinglinがオーバーチャージしたプラズマピストルでハンターを誤って殺してしまい、チーフに圧倒されはじめる。'ザマミーとヤヤップは貨物ポッドに隠れて無事だったが、チーフはもう一体のハンターとLinglinを倒し脱出してしまった。.[4]

島から帰還すると、 'ザマミー はTruth and Reconciliationのプロフェッツから次の失敗の代償は死であると警告される。プロフェッツは切断された'Rolameeの頭を見せ、'ザマミーに引き続きチーフを追うように命じた。

'ザマミーは後にヤヤップが捕獲されAlpha Baseへ連れて行かれるように仕組み、チーフがAlpha Baseに到着したらシグナルを送らせる計画をたてた。シグナルが送られると、彼は30人ほどのエリート特殊部隊を率いて拿捕したペリカンCharlie 217で、Alpha Baseに侵入した。ミッションはシンプルで、できるだけ多くのランディングパッドを制圧し、グラント・ジャッカル・エリートを乗せた6隻の降下艇が到着するまで持ちこたえるというものだった。また彼はフィールドコマンダーNoga 'Putumeeの分遣隊による同時攻撃を手配していた。着陸後、彼はヤヤップを解放したものの、二人は人間の抵抗により襲撃が失敗しつつあることを感じていた。ヤヤップはマスターチーフは人間が拿捕したバンシーを警備していると語り、二人はバンシーへと向かう。しかしそこにチーフはおらず、'ザマミーはヤヤップが自分を騙したことに気づき憤慨した。ところがヤヤップは'ザマミーをプラズマピストルで脅し、バンシーで逃走するよう要求する。直に攻撃は失敗に終わり、命の危険が近づいていると悟った彼は、ヤヤップの提案を受け入れバンシーで脱出した。

後に'ザマミーは罰を免れるためヤヤップの助言に従い、先の戦闘で死亡したHuki 'Umameeの名を騙る。ヤヤップのメタンガスを補給するためオータムへ向かった彼らは、スパルタンが融合炉を破壊しに現れるまでそこでタスクをこなしていた。'Ontomeeがフラッドとセンチネルとの戦いで疲弊したエリート達からチーフに対処する者を募った際、彼は真っ先に名乗り上げ'Ontomee'Kasameeに感心された。.[6] ヤヤップからの情報をもとに、'ザマミーはエレベーター内でチーフを待ち伏せた。グラントを引き連れシェイドタレットで武装した彼は、あと一歩のところまでチーフ追い詰める。だがチーフは素早く身を引き、コルタナがエレベータの作動を止めて落下させ、チーフはシャフトに2つグレネードを投げこんだ。爆発でグラントは死に、タレットから飛ばされた'ザマミーは最後にもう一度チーフの姿を見て落下の衝撃により絶命した。[7]

階級編集

He was called a "Special Operations Officer". This title and the fact that he wore jet black armor confirm that he was indeed a Special Operations Elite. The fact that he was put in charge of a group of Elites, lead some to speculate that he was either equivalent or immediately subordinate to a Special Operations Commander, such as Rtas 'Vadumee. However, 'Zamamee was outranked by Soha 'Rolamee, apparently a councilor, by "two full levels." Since 'Zamamee wore black armor, it seems likely that he is between Special Operations Commander and Special Operative in rank, perhaps at the same rank of "subcommander", as was 'Vadamee's aid, Bero 'Kusovai.

雑学編集

  • Zuka 'Zamamee is the only known Sangheili to be threatened and subjugated by an Unggoy, though it is possibly a result of the abuse he had inflicted upon Yayap. 'Zamamee might have been stressed and frightened, or else simply realized that he would not be able to take any action before Yayap was able to fire his plasma pistol, particularly at point-blank range. Also, 'Zamamee does not seem to be bound to the honor that controls the lives and actions of most other Sangheili, as he not only flees from battles, but also takes the identity of a dead comrade, and allows an Unggoy to manipulate him. This would be considered a grave dishonor by any other Sangheili, though it is likely that 'Zamamee concluded to himself that the honor he would achieve by killing the Master Chief would far outweigh the dishonor of these actions.
  • In Halo: Combat Evolved, many events that happen are inconspicuously caused by Zuka 'Zamamee, like the battle in the security room in the level The Silent Cartographer.
  • In Halo: Combat Evolved, on the level The Maw, the Elite who is encountered on the elevator after destroying the fusion reactors is canonically Zuka 'Zamamee, but he doesn´t operate a Shade turret. Also, depending on the level of difficulty, there can be more than one Elite in the elevator.[8]

情報源編集

  1. 1.0 1.1 Halo: The Flood, pages 32-33
  2. 2.0 2.1 Halo: The Flood, page 62
  3. Halo: The Flood, page 123
  4. Halo: The Flood, page 146
  5. Halo: The Flood, pages 209-211
  6. Halo: The Flood, pages 319-320
  7. Halo: The Flood, page 335
  8. Halo: Combat Evolved, The Maw
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。